B型肝炎給付金の請求

肝臓の病気の一種として知られるB型肝炎は血液や体液などから感染するといわれています。B型肝炎は誰でも感染する可能性がある病気ですが、特に昭和16年から63年生まれの方だと集団予防接種によってB型肝炎に感染した可能性もあります。以前の日本では予防接種をするときに注射針を使い捨てではなく使いまわしていましたし、それによってB型肝炎ウイルスに感染する方が増えました。現在では集団予防接種によってB型肝炎に感染した方に対して給付金も支払われています。

病院医師が注射針を使いまわしたことによってB型肝炎に感染したのは国のミスでもある、という答えがすでに出ていますし、国も過ちを認めています。そのため、特定の期間に集団予防接種を受けてB型肝炎に感染した方には給付金が支払われることになっているのです。ただ、このB型肝炎の給付金を受け取るにはさまざまな手続きが必要となりますし、面倒くさいからと給付金請求をしていない方も少なくありません。

このサイトでは、B型肝炎の給付金を貰える条件や手続きの流れ、弁護士に相談するメリットなどについてお話したいと思います。現在ではB型肝炎給付金請求訴訟をメインに行っている弁護士もたくさんいますし、そうした弁護士に相談して請求手続きを進めている方もたくさんいます。B型肝炎給付金請求をしたいと考えている方はもちろん、もしかすると自分も請求できるかもと思った方はぜひ最後まで読んでください。