給付金手続きの流れ

B型肝炎の給付金請求を行う流れですが、まずは弁護士に相談することになります。自分で手続きを行うことも可能なのですが、正直これはなかなかうまくいきません。B型肝炎の給付金請求をするためには裁判所に提訴する必要がありますし、ここで挫折してしまう方もいます。この分野はやはり弁護士の領分ですから、素人よりも法律のプロである弁護士に任せたほうが良いでしょう

裁判所裁判所に提出する書類がいくつかありますからそれを揃える必要もあります。主に病状を証明できる書類となりますから医療機関を中心に集めることになるでしょう。さまざまな書類を集め、それをまとめて裁判所に提出します。書類を裁判所に提出するときには弁護士の作成した訴状も一緒に提出します

約1年から1年半ほどで和解となりますから、和解が成立すれば和解調書を作成します。その後は給付金の請求手続きに移ります。給付金の請求手続きも基本的に弁護士がすべて代行してくれますから原告が何かしなくてはいけないことはありません。給付金が無事に支払われたらそのお金が自分の口座に振り込まれます。これがB型肝炎の給付金請求における一連の流れとなります。手続きがスムーズにいくかどうかは弁護士に依頼するかどうかで変わってきますから注意しましょう。