弁護士のメリット

B型肝炎の給付金請求の手続きをすべて自分でやることはできないのか、という疑問を持たれた方もおられるでしょうが、自分で手続きを行うことは不可能ではありません。実際、弁護士に依頼せずに自分ですべての手続きをしたという方もおられるでしょうし、絶対にムリだとは断言できませんが、現実的には多くの方が弁護士に依頼しています。

弁護士弁護士に依頼するメリットですが、複雑な手続きをすべて代行してもらえるというメリットが挙げられます。まず最初に必要な書類を集める必要がありますが、この時も弁護士に相談した場合だといろいろなアドバイスももらえますし、必要書類収集のためにサポートもしてもらえるでしょう。どこからどのような書類を手に入れるのかについても教えてもらえます。

また、裁判の手続きとなるとこれがまた面倒なのですが、こうしたことも弁護士にすべて任せられます。訴状の作成も弁護士ならお手の物ですし、裁判所への提訴から和解、給付金請求の手続きまですべて行ってくれます。これらをすべて自分でやるとなると膨大な時間がかかってしまいますし、なかなか給付金を支払ってもらうまで至らないでしょう。何もかも任せっきりにできるのは大きなメリットではないでしょうか。


●推奨リンク●
B型肝炎給付金請求≪弁護士法人アディーレ法律事務所≫

給付金手続きの流れ

B型肝炎の給付金請求を行う流れですが、まずは弁護士に相談することになります。自分で手続きを行うことも可能なのですが、正直これはなかなかうまくいきません。B型肝炎の給付金請求をするためには裁判所に提訴する必要がありますし、ここで挫折してしまう方もいます。この分野はやはり弁護士の領分ですから、素人よりも法律のプロである弁護士に任せたほうが良いでしょう

裁判所裁判所に提出する書類がいくつかありますからそれを揃える必要もあります。主に病状を証明できる書類となりますから医療機関を中心に集めることになるでしょう。さまざまな書類を集め、それをまとめて裁判所に提出します。書類を裁判所に提出するときには弁護士の作成した訴状も一緒に提出します

約1年から1年半ほどで和解となりますから、和解が成立すれば和解調書を作成します。その後は給付金の請求手続きに移ります。給付金の請求手続きも基本的に弁護士がすべて代行してくれますから原告が何かしなくてはいけないことはありません。給付金が無事に支払われたらそのお金が自分の口座に振り込まれます。これがB型肝炎の給付金請求における一連の流れとなります。手続きがスムーズにいくかどうかは弁護士に依頼するかどうかで変わってきますから注意しましょう。

請求できる条件

注射まず、どのような方がB型肝炎給付金を貰うことができるのかということですが、給付金支給の対象となるのは一時感染者と二次感染者、遺族となっています。一時感染者というのは昭和23年から63年までのあいだに集団予防接種を受け、それが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染している方のことを指します。

二次感染者は母子感染によってB型肝炎ウイルスに感染してしまった方のことです。つまり、母親が一時感染者となることで母から子どもにウイルスが感染してしまったという状態です。こうした母子感染のケースも少なくありませんし、兄弟や姉妹なども全員B型肝炎ウイルスに感染していたというケースもあります。

遺族もB型肝炎給付金の支払い対象となっています。B型肝炎が原因で亡くなった場合にはそれを証明することで訴訟を起こすことができますし、亡くなっているからといって給付金が受け取れないわけではありません。給付金の請求をして給付金を支払ってもらえた方はたくさんいますから諦めずに請求しましょう。一時感染者にしろ二次感染者にしろ、きちんとそれを証明できる要件を満たしておくことが大切です。すべての要件を満たすことで給付金の請求が可能となります。

B型肝炎給付金の請求

肝臓の病気の一種として知られるB型肝炎は血液や体液などから感染するといわれています。B型肝炎は誰でも感染する可能性がある病気ですが、特に昭和16年から63年生まれの方だと集団予防接種によってB型肝炎に感染した可能性もあります。以前の日本では予防接種をするときに注射針を使い捨てではなく使いまわしていましたし、それによってB型肝炎ウイルスに感染する方が増えました。現在では集団予防接種によってB型肝炎に感染した方に対して給付金も支払われています。

病院医師が注射針を使いまわしたことによってB型肝炎に感染したのは国のミスでもある、という答えがすでに出ていますし、国も過ちを認めています。そのため、特定の期間に集団予防接種を受けてB型肝炎に感染した方には給付金が支払われることになっているのです。ただ、このB型肝炎の給付金を受け取るにはさまざまな手続きが必要となりますし、面倒くさいからと給付金請求をしていない方も少なくありません。

このサイトでは、B型肝炎の給付金を貰える条件や手続きの流れ、弁護士に相談するメリットなどについてお話したいと思います。現在ではB型肝炎給付金請求訴訟をメインに行っている弁護士もたくさんいますし、そうした弁護士に相談して請求手続きを進めている方もたくさんいます。B型肝炎給付金請求をしたいと考えている方はもちろん、もしかすると自分も請求できるかもと思った方はぜひ最後まで読んでください。